+反豪華声優同盟

本職の声優がいない「豪華声優」キャスティングに疑問をお持ちの方、ご参加宜しくです。
+こちらへもどうぞ
ロボラボ
ロボKayの本家サイト
更新停滞中

ロボKayの
盤面置場

DVD、BD、CDの
自作レーベルを
公開してます。
+2011年マイブーム
・旭ポンズ
・ユニ パワータンク
・MAD動画作り
・粗末で猥褻な糞虫
・ゲロルシュタイナー
・安心戦隊ALSOK
・寿美菜子
+たなびたいことがあるんだ、ちょっと。早く公式サイトを見てくれ。ネネ、いいだろ。
チャージマン研!
+つぶやき
+其他諸々

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2011/04/21のつぶやき | main | 2011/04/22のつぶやき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
AACS
ブルーレイブルーレイの読み取り専用ドライブをひとつ買いました。
明日にでもPCに組み込もうと思います。
新PCにはブルーレイ書き込み対応のマルチドライブが既に付いているのにもかかわらず、何でこれを買ったのかというとズバリAACS対策。
いろいろ調べたところ、AACSは常にバージョンアップしていて、それが入ったブルーレイディスクを再生すると、ドライブ自体のAACSのバージョンが上書きされるシステムなんだと。
そのAACSが上書きされたドライブでダビ10等のプロテクトがかかったディスクを焼くと、そのディスクに新バージョンのAASC情報が記録され、それを別の機器で視聴したりするとその機器のAACSのバージョンが低かった場合上書きされる、というシステムなんだと。
一旦上がったAACSのバージョンは下げることが出来ない。
プロテクト解除を行う場合、ドライブのAACSのバージョンが最新のものまで上がってしまうと、ソフト側で対応バージョンのアップデートが行われるまでプロテクト解除が出来なくなる、といったシステムなんだそうな。
要するに解除ソフトが最新AACSに対応していない場合、ドライブ側のAACSが最新のものに上がってしまうと、ディスクに書き込まれたAACSのバージョンが古くてもプロテクト解除が出来なくなってしまう、というわけなんですよ。
これはPCドライブに限らず、もちろん据え置きのブルーレイ対応録再生機も同じシステム。
さて、それでどうするかというと、ブルーレイ再生専用、ブルーレイ読み取り専用ドライブが必要になってくるわけですよ。
読み取り、再生専用機はブルーレイを焼く必要がないのでこのAACSバージョンアップは関係の無い話。
テレビでプロテクトのかかったブルーレイを見るときは再生専用機を使う。データを読み取るときは読み取り専用機を使う。
読み取りと書き込みを別ドライブにすればAACSのバージョンを気にしなくていいんですよ。なんせAACSのバージョンアップはドライブそのものに行われるものですから。再生専用、読み取り専用ドライブならその心配はない。
最新のAACSが搭載されたブルーレイディスクを読み取ったとしてもそれ以降プロテクト解除が出来なくなってしまう、ということがなくなるわけです。
というわけで読み取り専用ドライブを買ったわけなんですよ。
出来れば試聴用に再生専用ブルーレイプレーヤーも欲しいところなんですが、ちょっとそこまで手がまわらないので、買ったブルーレイを視聴するときはAACS解除を行ってから見る、ということにします。
まあとにかく色々と面倒ですよ。何だってこんな下らんシステム考えたのかね、ホント。
| 電脳 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - | pookmark









http://robokay.jugem.jp/trackback/4518