+反豪華声優同盟

本職の声優がいない「豪華声優」キャスティングに疑問をお持ちの方、ご参加宜しくです。
+こちらへもどうぞ
ロボラボ
ロボKayの本家サイト
更新停滞中

ロボKayの
盤面置場

DVD、BD、CDの
自作レーベルを
公開してます。
+2011年マイブーム
・旭ポンズ
・ユニ パワータンク
・MAD動画作り
・粗末で猥褻な糞虫
・ゲロルシュタイナー
・安心戦隊ALSOK
・寿美菜子
+たなびたいことがあるんだ、ちょっと。早く公式サイトを見てくれ。ネネ、いいだろ。
チャージマン研!
+つぶやき
+其他諸々

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いも | main | みみが >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
第五十九話
チャージマン研!第五十九話
「恐怖の森」
ジュラルさんの侵略はやっぱり遅々として進んでいない模様。
今回は泉家一同揃って山でキャンプの模様。
たまにしか日曜が来ないはずなのによく遊びに出てるなこいつらは。
それにしても博のこのポーズは爆弾探しの時のアレに匹敵する妙な面白さがありますね。普通にしててもポーズだけで笑いの取れる男。さすがです。
つーか火をつけるのに何を苦労してるんだ。着火剤もないのかね2074年は。
そしてママの持ったバケツにはでかく「水入れ」の文字が。昭和30年代かこれは。
そして笑うばかりで手伝いもしないクソガキどもとポンコツ。
なんなんだこの一家は。
まあ笑うのはしょうがない。面白いんだから。
とにかくまあ手伝わないのは良くないわな。というわけで薪拾いにでも行って来いと面白父さんに怒られましたので、薪を拾いに行きましたとさ。
研たちが薪を拾っていると突然銃声が。
なんか銃声というかなんかがバタンと倒れたみたいな音だが…まあいいか。
とにかくそうすると撃たれたと思しき小鳥が落ちもせず、羽ばたきもせずに真横に飛んできてからキャロンの足元に落ちます。なんだこりゃ。
キャロン「かわいそうに。撃たれてるわ」
研「なんてひどいことを」
おまえが言うな。ミイラの時とか乗馬クラブの時とか、馬は散々酷い扱いしといて小鳥はかわいそうなのか。
研「まだ息があるよ」
キャロン「早く帰って治してあげましょうよ」
なんつーかもう善人アピールに余念が無いようにしか見えませんが、そこにハンターが登場。
ハンター1「おい、その小鳥は俺達が射止めたんだぞ」
ハンター2「俺達のものだ。早くこっちによこせ」
こういう感じで出てくるのはジュラルさんではないんですよね。このへんのパターンはもう分かってきました。
研「待ってください。まだ生きているんです。それにこの辺で猟をするのは、禁じられているはずです」
ハンター1「だからどうだってんだ。鳥の一羽や二羽、どうってことねえだろ。俺達はそれが楽しみで東京から飛ばしてきたんだぜ」
いやもう普段研が鬼畜なもんだから、善人アピールをさせようと思うと相対的に出す人間をこんな悪辣に描かなきゃならんのね。
ハンター2「よこせよこのガキ」
と殴りかかると、中割が全くない動きで研に投げられてしまいます。どうなってるんだか。
で、投げ飛ばして「どうだ」ってあたりがもう善人アピールとして失敗してる。結局力でねじ伏せるのかと。
すると残ったもう一人が研の頭に猟銃を突きつけます。このへん浅はかというか…。
しかし、こんな人間をわざわざ出してきて研といざこざ起こさせて、結局これは何がしたいんだか全く分からんですね。
研の善人アピールには失敗してるし、かっこいいところを見せてるわけでもない。
まあこれがかっこいいと思っちゃったのかね。
とりあえずピンチ…だなんて見ている誰もが思わないですけどね。
とにかくまあそのピンチをバリカンが体当たりで救います。
南極遊園地で味をしめたかね。全く同じ手法ですけど。
とにかくそれでハンターがひるんだところで手に持って銃を叩き落しますが、バシって音がしたあとに「エイ!」という声が。
この辺の気の使わなさ具合がまた妙に引っかかりますよね。
んでもって左手を叩いたはずなのになぜか右手を真っ赤にして痛がるハンター。
達川光男かお前は。
しかしこれで暴発でもしたらどうすんのかね。危ないったら無いですよ。
ハンターは「くそ〜、覚えてろ〜」と退散。ただのチンピラですよこれ。
さすがにジュラルさんと違って人間は捨て台詞を吐いたあとも研は追いかけて止めを刺したりしませんね。
ハンターを追い払って自己満足な3バカですが、ここでハンターをそのまま逃がしても、この小鳥はともかく他の動物が撃たれる可能性が残ってるってことは考えないのかね。
その辺がまぁ子供の浅はかさなんだろうけど。
ハンター1「くそーとんだ邪魔が入ったもんだぜ」
ハンター2「この辺ならもう大丈夫だろう」
ほら、また普通に猟を再開しようとしてますよ。ちょっと考えればこんなの分かることじゃないかと思うんですがね。
しかしハンターが猟を再開しようとしているとでかい建造物が目に入ります。
ハンター1「こんなところに建物が」
ハンター2「なんかの研究所みたいだぜ」
そこにはジュラルさんの姿も見えます。
ということはここはジュラルさんの秘密基地か?
ハンター1「あ、あれは」
ハンター2「おばけ!?なんだか気味が悪いよ。帰ろうぜ」
もう59話にもなってるし、実際に一般人に大きな被害を出す戦果も幾つかあるにもかかわらず、まだ全く一般知名度がないのか、ジュラルさん。
こっそりハンターたちが逃げようとすると、500年進んだ科学とは思えない「紐状のものに足を引っ掛けると反応するタイプのトラップ」にハンターたちが引っかかってしまいます。
ジュラルさんも警報が鳴ったあとで監視カメラで姿を確認してから「怪しいやつだ、捕らえろ」とかやってるし、なんかものすごくアナログですよね。
しかしなんかものすごい量のジュラルさんをハンターを捕らえるだけのために繰り出してきましたよ。
さすがに基地だからジュラルさんもたくさん配置してるのかね。
そしてハンターの助けてくれの声を研が聞きつけます。
研「あれ?あの声はなんだろう」
パパ「研、行ってみなさい」
なんか博が落ち着いた感じで言ってますけど、家長なんだからお前が行きなさいよ。
ハンター2「許してください」
ハンター1「あなた達は一体」
ジュラル「我々はジュラル星人。海底に本拠を持っているが、さらにこの山奥に第二の基地を作るために調査をしているんだ」
相変わらずジュラルさんの細かい説明には恐れ入ります。
というかまだ「第二の基地」で、しかもまだ「作るための準備をしている」段階なんですか。じゃあこのでかい建物は何?
あ、もしかして基地を作るための建築事務所みたいなものなんですかね、やっぱ。
そして研が登場して「待て!」というシーンも何もなくいきなりいつものチャージングGOの変装バンク。
そして変装してから「待て!ジュラル星人!」という、どう考えても全く順番が逆の展開。
ジュラル「あ、チャージマン!やっちまえ!」
やっちまえでやれた試しはないんですがね。
でもここで言うべき台詞は「どうしてここに」の方がしっくり来ませんかね。
まあしっくり来ないのはいつものことだからしょうがない。
とにかく「やっちまえ」と言ったところでやれるはずもなく、次々と、いつものようにサクサク虐殺されていくジュラルさん。
かなりの数をサックリと虐殺したんですが、今回はさらにジュラルさんの人数が多いんですよね。
建築にはさすがに人数割いてるんでしょうか。
まあ人数が増えたところでサックリと虐殺していくのは変わらんと思いますが、尺がありますからね。
だもんで珍しくベルトでの攻撃に出ます。
前回ベルト攻撃使ったときに、わたしゃ「リジウムベルト」と聞き取ったんですが、正しくは「ビジウムベルト」だったようです。意味はわかりません。
とにかくこのビジウムベルトで攻撃するとジュラルさんがくるくる回ります。
くるくる回っただけなんですが、どうやらこれでやっつけたということらしいです。よー分からんわ、ホントに。
そしてアルファガンで秘密基地あらため建築事務所を木っ端微塵に破壊して終わり。
山奥で普通に大爆発させてますよ。
これに巻き込まれた小鳥の数は何匹いるんでしょうね。間違いなく被害が出ているはずですよ。
んでなぜかこれでハンターが改心してもう狩りはやめますって取ってつけたようなエンドですよ。
そして猟銃を焚き木のように燃やしてるんですけど、危なくないんですかね、全く。
そしてさっき撃たれた小鳥がもう回復して空を飛んでいくという。
あり得ないだろうって終わり方で「イイハナシダナー」ってなるかよ、オイ。
しかし今回のサブタイトルは「恐怖の森」だったんですが、どこかに恐怖ありました?
ジュラルさんにとってはもう研が登場したところで恐怖の森だったのかもしれないですがねぇ。
| チャ研 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 23:09 | - | - | pookmark









http://robokay.jugem.jp/trackback/4369